働いていることがバレにくい風俗の業種の特徴を風俗求人サイトで確認してみた

業種によって風俗の種類があることは求人を見て知っている人も多いでしょう。アリバイ工作についても業種によって違いがあります。

■ホテトルの場合は?
ホテトルの場合はどうすればいいでしょうか。受付にお客さんが来ればモニターがあるので、それを見れば確認可能です。待機室、事務所に大半のお店ではモニターが用意されていると思いますので、そちらでチェックするといいでしょう。知り合い、顔見知りかどうかチェックしてから接客するかどうかを選ぶことができますので、とても便利で安心して働けると言えるでしょう。

■デリヘルの場合は?
デリヘルの場合には接客できない人の番号などを前持って登録しておくといいでしょう。会員の管理では、電話番号にて登録をしますので、顧客リストは電話番号で管理されることとなります。ですから、知り合いの番号をあらかじめ登録しておくといいでしょう。

彼氏、家族から予約が入ったとしても大丈夫なのです。もちろん知り合いから連絡が入っても安心でしょう。

■デリバリーできないエリアで働く
デリヘルで働く場合には、エリアが地元ではない場所の店を選ぶことも大事です。それだけでバレる危険を回避させることにつながります。全く知らない街で働くとか、自分が住んでいる地域はエリア外にしている店で働くようにするといいかもしれません。

そうすれば、デリバリーされてから知り合いや誰かにばったりすることもありませんから安心して働くことが出来るでしょう。業種によってアリバイ工作は違いがありますので、それぞれの業種ごとの対策を理解しておくといいかもしれません。前もって求人探しの時点から注意しておくとバレる心配もありませんから安心でしょう。